戸田益のきもの
お気にいられた商品がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。
本来なら実際にお手にとってご覧いただきたい所です。可能な限り努力いたします。
このページは月に一回程度、もしくは時期に応じて戸田益好みのきものを紹介させていただきます。

- 休止 -
「戸田益のきもの」は現在諸事情により更新を休止しています。
そのかわりブログの方で紹介していきます。



- 真綿入り草履 -
以前このコーナーでも取り上げた「真綿入り草履」
の製造現場の紹介です。

左上写真
一足に10センチ以上重ねた真綿を使用し
草履の形に丁寧に切ります。

右上写真
草履の天の部分の皮で包み圧縮すると
この様な形になります。

写真下
草履台の中身に使われるコルクです。
このコルクも半分の厚さまで圧縮しているため
丈夫で永年履き続けても変形しません。
このコルクに素材の本皮や布を貼り
上の真綿部分を慎重に貼り合わせると
履き心地抜群の草履台の完成です。

この職人さんは超ベテランで
この草履は永年履いても天の真綿がズレテ変形したりする事は今まで一切ありません。
最高の技術で作った最高の履き心地の草履はいかがでしょうか。




- 手刺繍黒留袖 -
この留袖は金刺繍のみで観世水(渦?)を柄付けしています。

金が濃く見える部分が「駒縫い」で薄く見える部分は「スガ縫い」で刺繍しています。
「駒縫い」と「スガ縫い」では使用する糸の太さが違うので実物は立体感があります。
金一色なので締める帯で若い方から年配の方まで幅広い年齢でお召しいただけます。
シンプルですが披露宴会場などでは反対に目を惹く留袖です。


- 手織紗名古屋帯 -
この夏帯は黒地に金と銀と白だけの3色しか使っていません。
柄は金糸と銀糸で源氏香を白糸でもみじ、いちょう、松葉を手織りで柄付けしています。
帯を単体で見るとすっきりとした印象ですがきものに締めると黒地だけにかなりインパクトのある帯です。
合わせるきものは小紋などの洒落物から付け下げぐらいのセミフォーマルまで幅広く締めれます。
またシンプルなだけににも薄色地からかなり濃色地のきものまで色的にもかなり幅広く合わすことが出来ます。


- 絹芭蕉訪問着 -
絹芭蕉とは芭蕉布に似せた絹で作られた生地です。
このきものは絹芭蕉の生地に後染めで制作したものです。
写真では解りにくいですが地色は芭蕉布風の生成りで秋の草花を無線友禅で柄付けしています。
生地はしゃり感がありかなり薄手ですので盛夏に最適ですが盛夏直前や直後の単衣時期にもお召しいただけます。




前ページ TOPページ 次ページ

お問い合せはお気軽に・・・