戸田益のきもの
お気にいられた商品がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。
本来なら実際にお手にとってご覧いただきたい所です。可能な限り努力いたします。
このページは月に一回程度、もしくは時期に応じて戸田益好みのきものを紹介させていただきます。

- 絹芭蕉付下げ -
前回に続き夏のきものです。
絹芭蕉の生地に糸目友禅で木賊(とくさ)を柄付けしています。
地色は濃いベージュで裾は茶色の暈しになっており淡いピンクや淡いグリーンで柄の色差しをして部分的に金箔加工しています。
すっきりとした感じで年齢幅も広くお召していただけるきものです。
生地の絹芭蕉はシャリ感があり節があるのが特徴で比較的紗に近い風合いで涼しく夏の生地の中では人気があります。





- 夏物訪問着 -
今回は夏の訪問着です。
紋紗地に無線友禅で夏物定番のススキと萩で柄付けしています。
柄の部分の地色を白くぼかすことによって涼感を引き出しています。
写真のような夏のフォーマルの派手物は、
近年の若い人の茶道人口の減少により売れる数も随分減りました。
その結果在庫はかなりあるのでまたこのページで紹介していきます。


- 紬の帯 -
紬の名古屋帯です。
2本とも白地に野蚕糸(茶色の部分)を織り込んだ紬地の名古屋帯です。
そのままでも良いですが
お好きな色に染める事が出来ます。
染めたとき野蚕糸の部分は染まりませんので模様として茶色が残ります。
季節感を取り入れた色で染めると良いと思います。

写真左は野蚕糸の部分と普通の紬地の部分がはっきりと判るように織られています。
右は全体的に織り込まれています。
写真下は右の拡大写真。



- 「雲路」長襦袢 -
この長襦袢は京都室町「あさみ」のオリジナルで生地名もあさみが命名したものです。
生地の特徴はシャリ感がありスベリの良い生地です。
本来シャレもの用として開発され伸縮が少なく大変丈夫です。
地色はクリームと薄いグリーンのぼかし染めで仕立て上げると色がすべて合う絵羽になりますので、フォーマル用としても御利用できます。
袖口には可愛く桜の小花の刺繍が入っています。
緯糸には数種類の太さの違う糸を使い織っていますので凹凸のある独特な新しい感覚の生地です。
長さ 約3丈4尺(13・5m) 幅1尺
素材 絹100%(日本製)


- 特平紬の付け下げ -
このきものは後染めの紬です。
普通紬は先染めと言って糸の状態の時に計算して染め、織り上がると柄が出て来るようになっています。
後染めは文字通り、一度白生地の紬を織り上げてから柄や地色を染めます。
この付け下げは大小の市松模様を手描きで柄付けしており上前とオク身は柄が合います。
地色は薄鳩羽鼠色(分かり易く言うと薄いピンクがかったグレー)です。
付け下げですがカジュアル性も持ち合わせたきものです。
生地は軽くしなやかで着心地はとても良いきもので
京友禅の最高峰「中井」の制作です。



前ページ TOPページ 次ページ

お問い合せはお気軽に・・・