戸田益のきもの
お気にいられた商品がございましたらお気軽にお問い合せ下さい。
本来なら実際にお手にとってご覧いただきたい所です。可能な限り努力いたします。
このページは月に一回程度、もしくは時期に応じて戸田益好みのきものを紹介させていただきます。

- 手描き友禅訪問着 -
今回は手描き糸目友禅の訪問着です。
地色は渋めのローズ色と白の染め分けで、柄は橘に貝桶で中に繊細な真糊糸目を用いて老松、菊、楓、梅、青海波、七宝、花菱等を描きまた部分的に摺り疋田も用いた大変手の込んだ訪問着です。
橘の柄が肩から上前、後ろ身頃へと流れがありますので、小柄な方にも着こなしていただける柄付けになっています。
名門「千切屋治兵衛」制作のきものです。


- 玉那覇有公作 琉球紅型名古屋帯 -
今回は人間国宝「玉那覇有公」作の琉球紅型の名古屋帯です。
この方は、きものの雑誌などでもよく紹介されていますので今更説明の必要もないと思います。
琉球紅型独特の鮮やかな色や柄は、合わせるきものも限られてきますが、うまくコーディネートすると一際目を引く着物姿になります。
合わせるきものは無地ぽい紬などが無難です。



- 真綿入草履と柿渋染草履 -
今回は草履を紹介します。
写真上は振袖などのフォーマル用の草履で、天に真綿を約10センチ敷き詰めた草履で、履き心地はとてもソフトで、この草履を履き出すと他の草履が履けなくなるといわれます。
この草履は非常に高度な技術を要しますので、限られた超ベテランの職人さんにしか作れません。
鼻緒は桜と菊と梅の花を刺繍して裏はビロードです。
写真下は、紬などの普段着に最適です。
柿渋で染めた生地を使用した台と鼻緒は竹の柄を染めた生地で裏はビロードで仕上げています。
こちらの草履は皮の草履と違いすべりがほとんどない為とても歩きやすい草履です。


- 紬とポーラ -
今回は秋の単衣用の普段着です。
写真左は、赤城紬の無地です。この紬はさらりとした手触りでシャリ感もあり単衣には最適の紬です。
白に近いグレー色ですので帯の合わせ方もいろいろと楽しめます。
写真右はポーラ(サマーウール)です。
サマーウールといってもウールですのでかなりの薄手でないと盛夏に着るのには少々暑すぎます。
写真のポーラは単衣の頃が最適です。それとポーラに限らずウールは簡単にクリーニング出来ますのでお手入れも簡単ですが、現在の若い人の普段着ブームの中ではあまり需要がないみたいです。値段もお手頃ですしお手入れの事を考えるともっとウールが着られてもいいのではないかと思います。


- 夏帯 -
写真左は紗の染名古屋帯です。(太鼓柄)
ローズの地色につゆ草と蛍を手描きしています。
これと言って特徴はないのですが、淡彩ですのでいろいろなきものに合わせやすい1本です。
写真右は、手織の夏名古屋帯です。(六通柄)
こちらは薄い藤色地に、白・紫・水色・黄・緑の5色で観世水を織り込んでいます。
この帯は使っている糸に特徴があります。
琴の弦に用いる強固な絹糸を使用しています。(弦に使う場合はこれにロウ引きをします。)
強固な糸だと硬いイメージがあると思いますが、実際はシャリ感がありとてもしなやかで締め易い帯です。



前ページ TOPページ 次ページ

お問い合せはお気軽に・・・